月別アーカイブ: 2012年7月

中古農機具屋 ブログ更新中!

  

  

只今、田植え機を潰さないように単管で3段詰みにしています! この状態まで荷造り準備をしておけば、あとはコンテナにフォークリフトで載せていくだけなので当日はすぐに作業が終了します 又、乗用型田植機は植付部分を本体から切り離し、後輪も外した状態でスタンバイ、これで輸出準備はO.Kです  日本で使われなくなった機械は海外でリユースされ、あと10年ぐらいは現役で働きます 国内でいらなくなった農業機械を解体しリサイクル原料に細かく分別するよりも、中古機械として再利用されることの方が環境問題に対しても理に適っています でも残念ながら使われなくなった機械の70%ぐらいはスクラップとして解体されリサイクル資源として国内や海外で再処理されます  このリユースできるパーセンテージを高めていけば利益の確保にも繋がり、たとえ薄利で利益を出せなくてもリユースできるように考える事が大事です! スクラップをキロ売りするのは誰でもできます   いつでも私は少しだけ違うやり方を模索しています。

 

 

ご近所の集い

  

  

日曜日の11時より町内バーベキュー大会が催されました!  と言っても同じ道筋に並ぶ一軒家の仲良し奥様3人と仲良しキッズ7人 プラス旦那みたいな感じのおまけで参加!!  会場は一番バーベキューが似合う角地の芝が生えている家のお庭です     『家かよってツッコマれそうですが・・・ 』 歩いて1分荷物を忘れても往復2分 ビールが無くなればどこかのお家の冷蔵庫まで1分 それでも無くなればローソンまで歩いて5分と好条件な場所で炭に着火! とりあえず大人は缶ビールで乾杯 (^o^)丿 子供もジュースで乾杯 (^o^)丿 子供達は食い気よりも特大プールで大ハッスル! その後も自転車を乗り回して大暴走! マジで近所迷惑やし・・・・。 大人は飲んで食って飲んで飲んで、気が付けばもう夕方7時。。。 片付けはそこそこにしてみんなでラーメン屋まで歩いて最後をシメました 私はラーメン屋で半分寝ていましたが子供も女子も最後まで元気なのはご立派!  帰宅した時間は不明・・・。 最後は頭『ガンガン』でロキソニンを飲んで就寝。 (-_-;)  長く楽しい日が終わりました。。。

『昼間っから飲んどく?』このフレーズにいつもやられっぱなしです。

 

ネズミ駆除

  

  

中古農機具を取り扱かう場合ネズミとのお付き合いはどうしても避けられません ネズミは主にコンバインの中で掃除しきれずに残った籾を食べながら生息しています ネズミの一体何が悪いのか? 食品を扱っている場合は大腸菌やサルモネラ菌などの病原菌を媒介するので食中毒の原因となり注意が必要です 農業機械の場合はもう一つの理由で経済的被害がでます その理由とは一生伸び続ける前歯のせいで常に何かをかじって前歯をすり減らさなければ伸びた前歯が口をふさいでしまい餌を食べれなくなってしまう・・・ そんな生まれ持つ運命に負けじとネズミも必死であらゆる物にかじりつきます  結果、農業機械の配線はもちろん車の配線などをかじられ修理代金たるその被害額は相当なものになってしまいます

そこで当社の撃退法はいわゆる『トムとジェリー』で猫をペットとして放し飼いしネズミを迎撃する作戦です 今季の参加猫数は6匹! 噂では猫は捕獲したネズミをご主人様に見せにくるらしいのですが、私はまだその雄姿を見た事がありません 真夏にひっくり返ったセミを猫パンチで遊んでいるのは見かけますが・・・。本当にこの寝てばかりの猫達があのすばしっこいネズミを退治出来るのかは疑問でありますが猫を放し飼いしてから不思議とネズミ被害がなくなりました  ネズミと猫は基本夜行性なので、もしかしたら私の知らない真夜中にドタバタの『トムとジェリー』劇場が行われているのかもしれません   そんな当社の猫はみんな人懐っこいかわいい子達です。

 

 

ワンピース・プレミア・サマー フード編

  

  

只今ユニバーサルスタジオジャパンで食べられる期間限定のMARINEフード達です! どれもワンピースとコラボして値段もそこそこしますが、見た目が面白く実は味も本格的で美味しいのにビックリしました! 特に『赤犬マグマカレーセット』は野菜の旨味と甘味のバランスが絶妙でスパイシーなカレーソースとの相性も良く、カレー屋さんもインド人もビックリの本格派でした。 日本人にちょうど合った味付けで私的にゲストさんにお勧めできるフードだと思いますので是非ランチにご賞味下さい 料理長が変わったのか料理内容の方針が変わったのかは分かりませんが全体的にフードのレベルが上がったように思います ただしフード中には『これはあかんやろ・・・。』と思うものもありますが、あえてブログには書かないでおきます USJには『うまい・まずい・高い・安い』と人それぞれの感じ方が違うので実際に行って食べ歩きしないと分かりません 私も5年前から年パス更新者で全てのレストランに行き良し悪しは熟知しています ちなみにポップコーン・かき氷・生ビール(プレミアムモルツ)が共に700円 ホールピザが4000円・・・。 あなたにとってこの値段はいかがでしょう?  私にとっては高いと思いますが、生ビールは特別で一杯1000円でも注文してしまうかもしれません・・・。 ちなみに最近は飲みたいのでもっぱら電車で行きます。

 

 

工場内の冷房はこれ!

  

『冷えすぎないから、カラダにやさしくここちよい』 そんなキャッチフレーズで売り出し中のよく出来た冷風機です! 夏場の工場内はとにかく暑い暑い・・・。 扇風機を『強』で回してもぬるい空気が漂うだけで涼しいとは言い難い。 そんな嫌な空気を吹き飛ばす静岡製機の冷風機は超お勧めです なんせタンクに水を入れてスイッチを入れるだけの簡単作業で気温からマイナス8度ぐらいの涼しい風が気化熱によって冷却され大型ファンで遠くに送られます スポットクーラーと異なり排気熱もでず、経済性も抜群で1カ月の電気代は170時間の稼働で1000円ほどです また二酸化炭素の排出量も少なく環境に配慮した冷房機でもあります  あとは価格との折り合いがつけばベストバイです。

 

 

西濃さんに集荷してもらいます

  

  

お客様! この度は運搬車をお買い求めいただき誠にありがとうございました。 機械の動作確認をしてからパレットに載せて商品が動かないようにPPバンドでしっかり固定。。最後にストレッチフィルムを巻いて梱包終了です この荷姿でお客様のご自宅までお届けしますが、ご自宅に荷卸しをする機械(フォークリフト)などが無い場合はお近くの西濃運輸の営業所止めとなり、ご自身で引取りに行く事となります  発送はいつもお客様とご相談の上、納得していただけるあらゆる方法をご提案しています 当社としても出来る限り安い運賃でお届けできるように機械を分解して容積を小さくしたり、お急ぎの商品でなければトラック混載便で通常のチャーター料金の半値でお届けする事も可能です

ハガキや暑中見舞いなどは全国一律料金や手軽な料金で発送する事が出来ますが、農業機械の場合、お客様が思っておられるよりも料金が高額で驚かれる事が多々あります 例えば三重県から千葉県までトラクター1台を運ぶ場合はおよそ7万円もの料金が掛かり裏ワザを使っても4万円です 遠方の青森や鹿児島などはこれまた驚きの15万円也。。。 安く上げるにはご自分でレンタルトラックを借りて引取りに来てもらうのが一番です  過去に鹿児島から高速を乗らずに永遠国道を走り続けて引取りに来られたお客様もおられました。 ほんとお疲れ様です!!

只今、がんばって遠方から直接引取りに来て下さるお客様には粗品をプレゼント! 商品到着後ゴミとなる梱包資材の使用を減らすエコキャンペーン中です。

 

 

ガス欠までのカウントダウン・・・。

  

  

ところで新型プリウスってガソリン残量が少なくなった時に注意灯や警告灯が付かないんです!  先日ガソリンの残量が残り1メモリで点滅が始まりました 点滅が始まれば『ガソリン残量が少ないですよ』と車が教えてくれるのですが、何せオレンジや赤色のランプが点灯する訳でもないので仕事や他の事を考えているとついガソリンを補給するのを忘れてしまいます。  先日も残量が1メモリで点滅し始めガソリンが尽きるまでの航続距離は30キロと表示されました まあ~あと30キロも走れるなら高速道路に乗る手前のスタンドでガソリンを入れてから次の得意先に行こうと出発しました。 ところがスタンドに立ち寄ることなく高速道路に進入、気が付いたのはETCゲートをくぐりアクセル全開で加速した瞬間でした・・。 『あっ!』入れるの忘れた・・・。心臓が一瞬止まりました 戻る事も出来ずとりあえず次のサービスエリアでガソリンを入れようと思い、もう一度自力で走れる航続距離を見ると7キロ 『えっ!あと7キロしか走れへんの・・。』 次の補給先まで25キロとの看板表示が見えます 『でも行くしかありません!』 そう決心した私は急に高速道路を減速し時速70キロで出来るだけゆっくりゆっくりアクセルを踏みましたが、とうとう補給先まで残り13キロで航続距離が0キロと表示されました 実質0キロというのはもう自力で走れない事を意味する数字だと思い、あとは神様にお祈りしながらいつでも路肩に止まれるように覚悟を決めました でもプリウスでガス欠なんてトヨタさんに申し訳ない気がしたので、最後まで諦めず心臓バクバクしながらハンドルを握り超マジメ運転を実施。 こんな緊張感は免許取りたての頃以来で最近の運転姿勢に反省する自分もそこにいました。 そうこうしているうちになんとかS.Aに到着しガソリンを補給する事ができました!  いつも何気ない気持ちでガソリンを補給しているのですが、その時は涙が出るぐらい嬉しかったです。 当たり前の事が当たり前でないのはある意味恐怖さえ感じます 例えば電気がある当たり前の生活 無い時にある喜び 当たり前の生活に慣れてしまっている私達は電気があるのが当然の生活を送り、その事に感動が少なくなっているのではないでしょうか・・・。

話は戻りまして、今回の車は営業車の新型プリウスです 購入してから3年が経ち先日に初めての車検をしました その時の走行距離は18万キロでおよそ地球4周半を営業で駆け巡った距離になります  それだけ走っても車検で大きな部品やバッテリーを交換することはなく元気に今日も3台のプリウスが関西・東海地区を走りまくっています。

 

 

営業事務所に土間をつくりました

  

  

私と営業マン4人が所属する当社の営業事務所です  事務所と言えどいわゆるスーパーハウスで今までは土間がなく外に靴を脱いでから事務所に入っていたので雨の日は靴がベチャベチャになり困っていました そこで思い切って電ノコで床を切り抜き、鉄骨もサンダーで切断して量販店のコンクリートを流せば即席土間の完成です 工期は1日で材料費5000円と人件費が掛かりましたが、これから雨の日でも靴が濡れる心配もなく仕事に集中でき生産性の向上が計れます ちょっとした事ですが日々職場環境を整えていくのが私の使命だと思っています。

 

 

ミッションギアの交換

  

  

先日、お客様にお買い上げ頂いた中古トラクターを田んぼで試運転した時、耕うん作業中にP.T.Oギアの2段が抜けるとの苦情があり、早速機械を引き揚げて実際に当社所有の田んぼで作業をしてみると、作業2分ほどでギアが抜けてしまいました『あらっホンマや・・・』 実は内心ギアが抜けるなんて事は無いだろうと勝手な推測をし、どこかの調整で簡単に直る感覚でいましたがこんな症状は初めてです ギアが抜けた瞬間これはただ事ではないと確信しお客様に『修理をするのに時間が掛かってしまう』との説明をして修理完了するまでの間、トラクターが使えない事を了承して頂き早速修理に取りかかりました。 1つ1つ丁寧に分解していくとすぐに壊れている部品を発見! ギアがなめてしまってギザギザ部分が丸くなっていたんです 通常このような状態になれば異音がしてすぐ気付くのですが今回はギア鳴りもありませんでした  原因がわかれば分解して新品ギアと入れ替えるだけです 今回はすぐに原因が分かりましたが、故障の原因を探し出すのは長年の勘と経験が必要です

これからはお客様にご迷惑を掛ける事のないように田んぼで実際に負荷を掛けて動作確認をしていきます コンバインや田植機の稼働時期は限定的で、実際に動作確認が出来る田んぼの状態を一年中キープするのは難しいですが、中古機械を取り扱う以上なんらかの方法で負荷を掛けて点検していきます。 新車の苦情はメーカーが対応してくれますが、中古の場合は販売店が対応しないといけません なのでもっと農業機械に精通した人にならないとダメです。 農業機械は毎年進化していますので私もなんらかの進化が必要です。。。

 

 

 

コンバイン・田植機が海を渡る 

  

  

とある国へ向けての出荷準備が急ピッチで行われています!

①この国へ出荷するには、まず作業の手順としてワラ屑や泥汚れ、害虫が製品の中に残らないように丸1日かけてコンバインの外観はもちろんの事、全ての掃除口を開け機械内部の隅々まで綺麗に洗浄します ピカピカにするには1日に1台が限界であります 本当は2,3台洗浄したいのですが頑固な泥汚れにいつも泣きの仕事です。。。

②次は製品に危険な個所が無いかの点検です、例えば保護カバーの有無や注意ラベル・警告ラベルといったステッカーの有無など欠品や欠陥がないかの点検をします

③ようやく動作の確認をします エンジン一発始動はもちろんの事、前後進・左右操舵など基本的な動作、方向指示器やライトの正常な点灯 おまけに騒音も機械で計ります 車でいう車検と同じで使い果たされた中古農機具をそこまでのレベルに持っていくのには苦労します  又、コンバインはカバーの欠品が多く、新品カバーを買ってまで売価が合うものなのか・・・ たまに?になってしまいます。

④ここまでの事前準備が出来たら検査機関に検査官を派遣してもらい、立ち合いのもと船積み前検査が行われます 検査台数にもよりますが、およそ2日かかり検査料金もそこそこします。 バイヤーさんも検査料金のことは最初から考慮しているので、実質商品代金を値引きする形でいつも折り合いをつけています

⑤検査に合格した商品は出荷できますが、不適合になった商品は是正・改善処置をして輸出許可がおります。  ふぅ~話せば長く気難しい輸出相手国です・・・。