日別アーカイブ: 2012年7月30日

ヰセキ展示会。

  

  

先週末に三重ヰセキ伊賀営業所で展示会がありましたので、お邪魔をしないように新型機種の実物を見にいってきました!   今の時期はコンバインが主役なので一番良いS席の玄関前に2条刈から4条刈までの機種が並べてありました。 実は2年前に販売された噂の7条刈コンバインをパンフレットでしか見た事が無いので実物を見てその巨大さを確かめたかったんですが、今回は地域的にあまり需要がないとの事で展示されていませんでした 7条刈コンバインは幅が広いので4トン車に積載するのは当然ながら無理です、でも10トン車の幅に実際収まるのでしょうか?  デバイダを外したり分草管を外したりすれば少し横幅が狭くなる気がします、どこまで簡易的に部品を外せるかのかを研究したかったのですが実物がないので確認は無理でした・・・。 弊社は運送業をしているのでトラックに積載できるかどうかを事前に調べる必要があります

今後もっと機械の大型化が進むと思いますが、いくらメーカー側が大型機械で能率を上げようと考えても農業機械はトラックで運ぶ事が前提となります、今の機械は全長や自重はまだ許容があり大きくできますが横幅には限界があり、大型トラックの車幅は2500mmで実際の内寸は2400しかないので、その範囲内での開発に葛藤しているんだと思います  幅の長い作業機(ドライブハローなど)や田植機は折りたたみ2400内にする技術はかなり進歩しています、今後トランスフォーマーのような変形自在のトラクターやコンバインが発売されるのもそう遠くない将来なのかな・・・?。 12条刈のコンバインや10メートルのロータリーを備え付けたトラクターなど。。そんな空想を『面白いと思う』か『そんなアホな話』と思うかは個人の自由でありますが、開発者はちょっとおバカでデカい夢を持っている人でしかなり得ないでしょうね。。