ベトナムのお客さん

  

またまたワインを頂戴しました! 彼(左のお客さん 右のギリシャ人は置いといて・・・。)は神戸市長田区に住むベトナムのお客さんです お付き合い歴は私が中学生時代からなので、およそ25年になります もちろんその当時は私も子供だったので、大人の人と話すのが恥ずかしく挨拶程度しかしていませんでしたが、20年も経てば私もええおっさんとして自然にうちとけ良いお付き合いをさせてもらっています

彼は毎月トラクターや耕運機・草刈機・エンジンなどを1本のコンテナにまとめて当社からベトナムに輸出しています  日頃はニコニコして気の良いお客さんですが仕事モードに一旦スイッチが入ってしまうと、一切の妥協を許さない勢いでベトナム語と日本語が交じった変な言葉使いで怒鳴りながら指示を出しています これはベトナム人の性格や文化でもあり、逆にある意味任せて安心です

ベトナムとの国交は2年前に国土交通大臣がベトナム政府へ日本の新幹線方式を売り込み、一度はベトナム政府が承認したものの、総投資額が巨額過ぎて国会で否決されたり、日本の原子力発電をベトナムに売り込むのに原子力発電可能性調査が開始されたりと、日本の技術をベトナムに売り込む姿勢が最近では色濃く日本とは友好関係にありますが 対中国ではベトナムは長い歴史の中で歴代王朝から繰り返しの進出を受けたり、大規模な中越戦争や1989年までたびたび交戦をしている状態でありました、最近でも南シナ海にある南沙諸島・西沙諸島の領有権を巡り中国に抗議するデモが今日も起きていて中華とは不仲です。 弊社でベトナム人と中国人のお客さんが交わる機会がたまにあるのですが、上記の事があるので変に気を使ってしまいます。  実際にちょっと気まずい関係であり過去の歴史を引きずっている感じがしんでもない・・・・・。

 

 

 

コメントは受け付けていません。