三重と言えば伊勢エビです

  

皆さんが良く知っている高級食材であるイセエビです 先日、本場の志摩市で姿造りを食べてきました! 1尾3000円でテールを刺身にし頭は赤だしとして大将に造ってもらい活造りのお頭はピクピク動いて長い触角が特徴的でした。 伊勢海老漁の解禁日は10月1日であり初物は伊勢神宮へ献納されています イセエビの語源はまず伊勢がイセエビの主産地であった事と磯に生息しているので磯エビからイセエビになった説や兜をかぶりギザギザの鎧をまとって長い触角を振り立てる姿が『威勢がいい』との語呂合わせから定着したとも言われています  夏の時期は産卵期なんで身が細り、味が落ちてしまい特にメスは味気ない・・・。性別はオスの方が触角や歩脚が長いので見たらすぐに判別できると思います  イセエビは縁起食材なので触角が折れたものや脚がとれたものは、訳ありとして地元で安値で売っています 食味は同じなのでお勧めですよ。。。

 

 

コメントは受け付けていません。